不動産購入派?賃貸派?

2018年5月4日

不動産イラスト

こんにちは、G.W.真っ只中ですが、みなさんいかにお過ごしでしょうか。当ブログもオフィシャルで初めての投稿ということで、何をテーマにしようかと迷いましたが、よく質問される表題の件にすることにしました。以前までこのブログの先駆けになった「カメのつぶやき」にも色々書いていたので興味がある方は次のアドレスまでどうぞ。
https://www.zennichi.net/b/nokonoko/index.asp

さて、今年に入って首都圏の不動産状況はどうかというと、価格自体には上げ止まり感はあるものの、まだまだ盛況のようです。ただ、マンション等の新築は昨年より減少傾向にあるので、首都圏の不動産状況はまさにピークを迎えていると言ってもいいのではないかと思います。したがって、これから購入を考えている人ににとっては、自分が住みたい町の地価がこれからどうなっていくのかしっかり注視したほうがいいと思います。業界の中では、これから2020年まで横ばいか少し上昇し、そこから減少傾向になると予想されていますので参考にしてみてください。
個人的にはこれまで賃貸派のメリットばかり述べてきたのですが、購入派もメリットはもちろんあります。なんといっても、購入した場合のメリットは気兼ねなく自分の使用したいように使えることでしょうか。あと、自分の資産になるとか、所得税や相続税の節税対策とか、そういったとこでしょうか。預貯金が多くあり、投資とかあまりしない人は投資という意味で購入し、自分で住むのもよいと思います。これから金利が大幅に上がることは考えられず、物価も上昇傾向で、預貯金は持っていても目減りしていく可能性が高いですから。

弊社のお客様は単身者ばかりなので、賃貸派が多いのですが、中には購入派の方もいて、その方の動機を聞いてみると、賃貸はいつ追い出されるか分からないので安心して暮らせないのが根底にあるようです。でも若い方とかは漠然と購入したいと考えている人も多くて、この時代の変化が激しいときによく思い切ってそんな高い買い物ができるなぁと思います。(賃貸でも追い出されることはないのでご安心下さい)
もちろん、その人のライフスタイルによって購入したほうがいいのか、賃貸のほうがいいのかは分かれると思いますが、少なくとも自分がどちらで、それはなぜなのかは明確にしといたほうがいいと思いますし、不動産は一度買うとなかなか簡単に住み替えができないので、慎重に事を進めてよいと思います。

みなさんは不動産は購入派?賃貸派?その動機や理由はなんですか?
弊社ではそのようなこともしっかりカンセリングさせて頂いて、住み替えのご提案をさせて頂いておりますので、よろしくお願いします。

(株)ノコノコ 代表取締役 山﨑篤彦